I 国会議員名簿

II 国民協議会(MPR)の構成

III インドネシアの稲作政策(Business News誌10月3,5,7,10日)

 1. 稲作増産の制限

 2. 生産計画と農民

 3. 収穫量と物価

 4. 食糧問題の地方分権化

IV 対日論調

 1. 田中氏,日本国首相に選出される(インドネシア・ラヤ紙 1972年7月6日)

 2. 田中氏,日本の新しい首相となる(インドネシア・ラヤ紙 1972年7月7日)

 3. 日中国交回復の影響(コンパス紙 1972年10月3日)

 4. 日本が中国を潜在的な市場であると考えているならば,それは幻想である(コンパス紙 1972年10月3日)

 5. 日中接近についての諸見解(コンパス紙 1972年10月9日)

 6. ジャカルタ=北京の関係の発展(コンパス紙 1972年10月10日)

 7. 大国としての日本(コンパス紙 1972年10月12日)

 8. 日本,北京の東京接近の背景を説明する(コンパス紙 1972年10月12日)

 9. インドネシアは日中関係の正常化を歓迎する――大統領,愛知揆一氏と会見――(コンパス紙 1972年10月17日)

I 国会議員名簿

I 昨年7月に実施された総選挙ならびにその後の政府任命により選出された国会議員は下記460名である。(総選挙の党派別,地域別得票の詳細に関しては『アジア動向年報1972年』を参照),

なお,インドネシアが1950年単一共和国に移行して以来の国会議員数の推移をみると次の通りである。(カッコ内は婦人議員)

1950~55年 DPRS(暫定国民代表議会)236名(9名)

1956~59年 DPR-RI(国民代表議会)272名(17名)

1960~65年 DPR-GR(ゴドン・ロヨン国民代表議会)281名(38名)

1967 DPR-GR(    〃    )350名(26名)

1968 DPR-GR(    〃    )414名(24名)

1971 DPR-RI(国民代表議会)   460名(33名)


氏名
所属政党
1.
Sani Fonat Gregorious
カトリック党
2.
V.B. da Costa SH

3.
Frans Conrad Palaunsuka

4.
Drs. Mohamad Abdul Gani MA
PSII
5.
Oesnan Jusf Helmi

6.
Bustaman SH.

7.
Wartomo Dwidjojuwono

8.
Drs. Thajeb Mohammad Gobel

9.
Ischak Moro

10.
Andi Mappatunru BA.

11.
Drs. Sjarifuddin Harahap

12.
Djohan Burhanuddin

13.
Ubaja Achmadi

14.
Hadji Naddin Lubis
NU
15.
Drs. H. Asrul Sani

16.
Lukmanul Hakim

17.
K.H. Munir Abisudjak

18.
H. Imron Rosjadi SH.

19.
Sutanto Martoprasono.

20.
H.A. Sodri Siswodarsono.

21.
Nj. Radji Mahmudah Mawardi

22.
Drs. M. Zamroni.

23.
K.H. Sjaifuddin Zuhri

24.
H. Muchtar Cudlori

25.
H.A. Sjaichu

26.
K.H. Majakur

27.
Nj. A. Wahid Hasjin HSA.

28.
H.M. Munasir.

29.
Drs. A. Chaliq Ali.

30.
Hadji Umar Burhan.

31.
Drs. Mardjiin Sjam.

32.
Nj. H. Asmah Sjahroni.

33.
H.A. Chalid Mawardi

34.
Drs. Rachmad Muljomiseno.

35.
Saifuddin.

36.
Drs. A. Zoidan Djauhari

37.
K.H. M. Nasir

38.
K. Muchomad Zahrie.

39.
H. Mohammdd Amin Iskandar

40.
Kanta Sumpono SH.

41.
H. Abdul Muis Ali

42.
Drs. H. Asmawi Manaf

43.
Murtadho Makmur.

44.
Mu' thamad Arghuby.

45.
H. Imam Sofwan.

46.
Karmani SH.

47.
Basuki Rustam.

48.
Kijai Hadji A. Maliq.

49.
Imam Churmen.

50.
H. Muchammad Zubchan Z.E.

51.
H. Muhammad Djamhari.

52.
H. A. Latief Sj.

53.
M. Jusuf Hasjim.

54.
Ahjak Sosrosugondo.

55.
H. Abdi Manaf.

56.
K.H. Bisri Sjamsurie.

57.
K.A. Sjarkawie.

58.
H. Moch. Anwar Murris.

59.
Soewardi.

60.
Amak Padhali.

61.
K.H. Masjhud.

62.
Zakki Muhammad Ubaid.

63.
Mochamad Su' nun SH.

64.
Nj. Mariam Thoha.

65.
Umar Tadjuddin BA.

66.
H. Sjafi' ie Marzuki

67.
Drs. Muqaffi Makky.

68.
Hamzan Haz B. Sc.

69.
Dr. K. H. Idham Chalid.

70.
Drs. Hasbullah Nashir

71.
K.H. Muhammad Ali Jufie.

72.
Ismail Haeaan Metaroum SH.
パルムシ
73.
Nj. Rohana Z.A. Achmad.

74.
Drs. G. Mustafa

75.
M.S. Abdullah SH.

76.
M. Thaib Pakis.

77.
Djadil Abdullah.

78.
Mashoadoe, lhaq.

79.
H. Datuk Zainal Arifin

80.
H. Abdul Aziz Halim

81.
Drs. Mohemmad Cholil Radawi

82.
H. A. Balja Umar.

83.
Ir. H.M. Sanusi.

84.
Imam Suhadi SH.

85.
Sa' ad Samlan BA.

86.
Drs. Sudardji.

87.
M. Dja'far Siddiq.

88.
Drs. K.H.A. Malik.

89.
Abdul Rachman Hasan.

90.
Abdul Rasjid Faqih.

91.
Ali Tamin SH.

92.
Amin Ely Muhammad.

93.
M. Suhud Kamawidjaja.

94.
Mohammad Fahrur Rozi.

95.
Jailani Naro SH.

96.
Ibrahim Kaoy.
ゴルカル
97.
Drs. Zainal Abidin Said.

98.
Mohammad Noer Madjid SH.

99.
Kol. Purn. Tengku Zainuddin.

100.
Drs. Ajub Jusuf.

101.
Sinta Marubat Pohan.

102.
Radja Djundjungan Lubis.

103.
Abdul Hakim Siregar.

104.
Pandira Roos Telaumbanua.

105.
R.S. Sutadji.

106.
Dr. Hudjah Masjhur Harabap.

107.
Tengku Nurdir.

108.
Djauli Manik.

109.
Drs. B.R. Hasibuan.

110.
Nj. Josephina Mailoa.

111.
Sodugaon Sinambela.

112.
Arief kamil SH.

113.
Danciwar SH Glr. Datuk Bagindo SamPono.

114.
Drs. Bagindo Safiuddin.

115.
Drs. Azwar AB. Gelar Datuk Radjo Palembang.

116.
Rd. Soekarman.

117.
K.H. Chalidi Said.

118.
Ir. Marconi Ismail.

119.
Novjan Kaman SH.

120.
K.H. Baharuddin Rusli.

121.
Drs. Aula Achmad.

122.
Tengku Achmad Atan.

123.
Umar Usman.

124.
A. Rachman Radja Mansjur.

125.
Abdul Azis Muchdis.

126.
Nj. Mamie Satibi Darwis.

127.
Drs. Achmad Lakoni Sjamsudin.

128.
M. Hasjim Singapati Djajanegara.

129.
Amin Danal SH.

130.
Drs. Mursalin.

131.
Zulkarnain Tjikmat.

132.
M. Nawawi Hasan.

133.
Hadji Ibrahim.

134.
R.A. Rachman.

135.
M.A.A. Datuk Madjo Indo.

136.
Hadji Abdul Manap.

137.
Azadih.

138.
Hassan Bachsin.

139.
Jusuf Amin.

140.
Hadji Abdul Somad Glr. Raden Pahlawan Sampurnadjaja.

141.
W. Soeharto Koesoemohartono BSc.

142.
R. Soepena

143.
Drs. R. Rasip.

144.
Mohammad Idrus bin hadji. Mohammad Soedjam.

145.
Ir. Sanusi.

146.
Ir. Pachamt Witular.

147.
Ir. Adjad Sudradjad Sudirahardja.

148.
Ir. Roedianto Ramelan.

149.
Suhanda Kartasuwita.

150.
Drs. Warnohardjo.

151.
Domon Suwundjo Suparman.

152.
Drs. Supandi Wiratahadisanutra.

153.
Awan Karmawan Burhan.

154.
Ustadz Baharmus.

155.
Sarwono Kusumaatmadja.

156.
Djoko Sudjatmiko.

157.
Nj. Nelly Adam Malik.

158.
Drs. Kusnaka Admihardja.

159.
Jahja Elim Elim Elia.

160.
Mustafa Arief.

161.
Sulaemmn Tjakrawiguna SH.

162.
Ir. Achmad Djuhjar.

163.
R. Suthisna Prawiranegara.

164.
Nj. Apipah.

165.
Robert Odjahan Tambunan SH.

166.
Drs. Harjantoho Dhanutirto.

167.
A. Mansur Tuakia.

168.
Ida Aju Utami Pidada.

169.
Tatto Sugiarta.

170.
Mohamad Rivai SH.

171.
Nj. Enma Puradiredja.

172.
Nj. Somanegara Emma.

173.
Tjetje Hidajat Padmadinata.

174.
Wirahadisurja R.S.

175.
Andjar Djohar Sudradjad.

176.
Ir. Soma Suherman.

177.
Taufik Hidajat SH.

178.
R. Moch Affendi Tanuwidjaja.

179.
Moch. Aisjah Zulkarnain.

180.
Sukijat.

181.
Nj. Dra. Nani Ali Sadikin.

182.
R.M. Harsono Radjak Mangunsudarso.

183.
Wongsonegoro S.H.

184.
K.R.T. Walujo Hardjoloekito.

185.
Ir. Antonius Suradiman.

186.
Warsito Puspojo SH.

187.
Nj. Drs. Endang Sakuatala.

188.
Raden Mas Saparno Wurjaningrat.

189.
Soeratman.

190.
Drs. Soerjanto.

191.
D. Soedikto.

192.
R. Nj. Saekamto SH.

193.
Drs. M. Harsidik Harsono.

194.
N (Ricudomus) Soesilo.

195.
Soemarni BA.

196.
Soebadi Hardjolukito.

197.
Bambang Sri Moelja.

198.
R.M. Soedarto.

199.
Imam Sutararto.

200.
Ir. Oehadiono.

201.
Jarman Mintoro.

202.
Mustafa Kemal Bondan SH.

203.
Drs. I. Umar Suparno.

204.
Ir. Rochim Wirjormidjojo.

205.
Mariarsa Hendricus.

206.
Santoso Tosany.

207.
Adiwono Utomo BA.

208.
Ir. Sudibyo.

209.
Ir. Petrus Ignatius Soeradji.

210.
Soemindro.

211.
Drs. Sri Sadhono.

212.
Moeksono Brotosoesanto SH.

213.
R.P.H. Poeroebojo.

214.
U.J. Katidjo Wiropramudjo.

215.
Wiwoho Soedjana SH.

216.
Imam Suhadi SH.

217.
Prof. Soebijono Tjitrowinono SH.

218.
Nj. Rukmi Widajati Moedijono SH.

219.
Nj. Ning Udi Harjoso

220.
Hardi Murtaman.

221.
Soerachmad.

222.
Soemarsono.

223.
Drs. Slamet Merto.

224.
Anindya S. Budisoesetya SH.

225.
Boerhanoeddin Siregar SH.

226.
Drs. Soemari.

227.
Nj. Sriati Widagdo BA.

228.
K.H.A. Karim Hasjim Asjhari

229.
Nj. Sri Masuti Bhargowo SH.

230.
Drs. Joewono Aspirin.

231.
M. Prajitno Koesoemo.

232.
Nl. Sulandra Maria Sax Adonan.

233.
Kamil Kamka. SH.

234.
Drs. Warsa I. Gustl Komang.

235.
Zakaria A.N.

236.
Dr. Soepangadi.

237.
Soekardjono R.

238.
Nj. Sriatun Moerman Slamet.

239.
Nj. Soewarni Suwartono.

240.
R. Soewondo Ranoewidjojo.

241.
Nj. Sjamsiar. Rakana Daljan.

242.
Hadiwinarso R.S.

243.
R. Isdojo.

244.
Soeparno.

245.
Dr. Ir. Moeljadi Danoewidjojo.

246.
Nj. Ibnu Saleh.

247.
M. Asdiroen Wirjokoesoemo.

248.
H. Ridwan Hasjim.

249.
Atmosajono.

250.
Prof. Dr. Abdul Gafar Pringgod gdo

251.
Drs. M.S. Siregar.

252.
Abd. Moehammad Djohan.

253.
J. Soeharijadji.

254.
Abahg Munir.

255.
Drs. Aloysius Aloy.

256.
Mas Agus Ibrahim.

257.
Abdullah Zainie SH.

256.
Lodewijk Sima Binti.

259.
Amir Hamzah SH.

260.
Tjilik Riwut.

261.
Noersehan Gusti Djohansjah.

262.
Birman Vilia.

263.
Prof. Dr. K.H. Masjhur Dachian.

264.
Nj Rhetty Harry Respati.

265.
Abdulchalik bin Hadji Djaperi.

266.
Rusli Desa.

267.
Drs. Sihong Doelien.

268.
Drs. Badaranie Abbas.

269.
Sujitno B.

270.
Drs. Sjafminan Obos.

271.
Katili Jachja Rachman Mahmoed.

272.
Loboed Bosselaar.

273.
Jouke George Wowor SH.

274.
Ismet Huntua BA.

275.
Djaafar Lapasere.

276.
Juda Melaha.

277.
Drs. Anuar Delewarkan.

278.
Drs. Thoha Mansjur.

279.
Drs. H. Laode Manarfa.

280.
Muhammad Jasir.

281.
Drs. Laode Kaimoeddin.

282.
Hadji Andi Makoelaoe.

283.
Agustinus Harianus Jusuf.

284.
Drs. Andi Bangsawan.

285.
Andi Mochtar SH.

286.
Drs. Rivai Siata.

287.
Nj. Dra. Aida Tallu Rachim.

288.
Andi Mackulau Opu DG. Parebba.

289.
Drs. Darno Aminrachman.

290.
Ahdi Hisbuldin Padjongai Patunru.

291.
Drs. Palangkey Daeng Lagu.

292.
Hadji Moesoe Daeng Sipato.

293.
Soedardjo.

294.
Ir. Soenarjo Haddade.

295.
Nj. Dra. Nasjrah M. Effendy

296.
Hadji Abdul Mallk.

297.
Husain Ibrahim.

298.
Ida Bagus Suindra.

299.
I Gusti Ngurah Ktut Sindya BA.

300.
Anak Agung Ktut Agung SM. HK.

301.
I Dewa Made Dana BA.

302.
Anak Agung Oka Mahendra SH.

303.
Njoman Mantik.

304.
Hadji Abdul Hakim.

305.
Drs. Abubakar Achmad.

306.
M. Tafaul Djahidin SH.

307.
Drs. Amnan.

208.
Beretalio Alfonsus Andreas.

309.
Nj. Jeanette Batseba Tarigah BA.

310.
Carolus Hamboer.

311.
Willybrordus Paulus Doy.

312.
Nino Matheos Nope BA.

313.
Casper Melchior Keluanan Amalo.

314.
Dr. Fernandez Hendricus.

315.
Gaspar Emanuel Gero.

316.
Drs. Christoffol Rahnra.

317.
Husein Bachmid.

318.
Ds. Lopez Mansuetus Centis.

319.
Johannes Sudarko Prawirojudo.

320.
Valentinus Sukijanto.

321.
Prof. Dr. Michael Migeraja.

322.
Drs. Ignatius Barotadi.

323.
Izaac Hindom.

324.
Jacobus Waff.

325.
Berns Samuel Danomira.

326.
Nathalis Renwarin.

327.
Kapiten Purba.

328.
Sajuti Melik.

329.
Martono.

330.
Drs. Mansjur Sangkala.

331.
Tjokrda Rai Sudharta MA.

332.
Brig. Djen. TNI. Mansjur.
国軍(陸軍)
333.
Brig. Djen. Rahardjo Prodjopradoto.

334.
Kol. CPL. Sukardi.

335.
Brig. Djen. TNI. Kabul Arifin SH.

336.
Kol. Inf. Prapto Prajitno.

337.
Brig. Djen. TNI. Sapardjo.

338.
Maj. Djen. TNI. H. Sughandi.

339.
Letkol. CKH. Steve Hetariton.

340.
Drs. Kol. Warsito.

341.
Kol. CKH. A.S.S. Tambunan SH.

342.
Maj. Djen R. Sudjono Humardani.

343.
Kol. H.T. Sitompul. Drs.

344.
Kol. Djojopranoto S. BA.

345.
Brig. Djen. TNI. Njak Adam Kamil.

346.
Kol. CKH. Mudjono SH.

347.
Kol. Drs. Sugandi.

348.
Maj. Djen. TNI. Kartidjo.

349.
Brig. Djen. TNI. Abdui Firman.

350.
Kol. CKH. J.H. Sinaga SH.

351.
Maj. Djen. TNI. Mardanus.

352.
Brig. Djen. TNI. Ricardo Siahaan.

353.
Kol. Inf. K.D.L. Tobing.

354.
Kol. Inf. Frans Karangan.

355.
Maj. Djen. TNI. A. Mudhar Amin.

356.
Letxol. CKH. Piola Isa SH.

357.
Kol. Inf. M. J. Irawan.

358.
Kol. Inf. G.M. Suparmin.

359.
Brog. Djen. Marwoto Djojosuwito.

360.
Kolonel Inf. Abdul Kadir.

361.
Lettu. CDK. Hariadi Darmawan

362.
Peltu. Sumardjo.

363.
Brig. Djen. TNI. Hafiluddin.

364.
Kol. Dr. Supono Darmowisastro.

365.
Kol. (U). Gusti Endeng.
国軍(空軍)
366.
Kol (U). R. Susanto.

367.
Kol. (U). Rusman SMT.

368.
Kol. (U). Z. Rachiman.

369.
Laksda (U). Sumitro.

370.
Kol. (U). Umar Junus.

371.
Laksdya (U). Hadji Mohammad Sudjono.

372.
Kol. (U). Gunadi.

373.
Kol. (U). Darwis Abdullah

374.
Kom. (U). Sumarno.

375.
Kol. (U). Suparta R.L.

376.
Kol. (U). Acnmadi.

377.
Letkol. (U). S.J. Moordiman.

378.
Kol. (U). Suawal.

379.
Laksda (L). R.B.N. Djajadiningrat.
国軍(海軍)
380.
Kal. KKO. Sardjono Suprapto.

381.
Letkol. (L) Sutrisno SH.

382.
Letkol. (L). Drs. Muchrodji Muljowihardjo.

384.
Kol. (L). Dr. Idris Siregar.

383.
Kom. (L). Dr. M. Sukmadi.

384.
Kol. (L). Dr. Idris Siregar.

385.
Kol. (L). Usman Rachman.

386.
Kom. (L). Murtamadji.

387.
Kol. (L). Iman Sardjono.

388.
Letkol. (L). Tengku Ramli.

389.
Maj. Djen. KKO. Indro Subagio.

390.
Kapten KOWAL Otiah Nahreni.

391.
Brig. Djen. KKO. J.J. Sahulata.

392.
Brig. Djen. Pol. R. Ng. Domopranoto.
(警察)
393.
Irdjen. Pol. Drs. Djunarso.

394.
AKBP. Drs. Sjfaruddin Tan Pono.

395.
KBP. Drs. Purwata.

396.
AKBP. L.M. Sianturi.

397.
Irdjen. Pol. R. Sutjipto Danukusumo.

398.
KBP. Drs. Tatang Sulja..

399.
Brig. Djen. Pol. Drs. Adam Sjamsul Bahri.

400.
KBP. Mucharam Wiranatakusuma.

401.
Irdjen. Pol. Drs. Subroto Brotodiredjo SH.

402.
Brig. Djen. Pol. Mudjoko Kusumodirdjo.

403.
KBP. R. Tubagus Hamzah.

404.
AKBP. Drs. Sukandar Surodjotahojo.

405.
AKBP. S. Tahapary SH.

406.
IP. TU. Moch. Ilham SH.

407.
Tahi Halomoan Siregar.
パルキンド
408.
Drs. Tahi Anton Muara Simatupang.

409.
Lentjang.

410.
Gerardus Lalamsntik.

411.
B.D. Blegur.

412.
Malkianus Oamboe Nganggoe BA.

413.
Jahn Hendrik Daniel Tahamata.

414.
Prof. Usep Ramawidjaja SH.
PNI
415.
Notosukardjo.

416.
R. Sutopo Kusumodiredjo.

417.
Soewatio Soadiretamodjo.

418.
Sardju Ismumandar.

419.
Drs. Surjadi.

420.
Pamudjl.

421.
M. Soedijono.

422.
Moenadir.

423.
Subekti

424.
Budi Dipojuwono.

425.
Soegiarti SH.

426.
Mh. Isnaeni.

427.
Ida Bagus Putra Masuaba.

428.
Dr. Tumpal Darianus Pardede.

429.
Hadji Kemas Fahruddin.

430.
Drs. H.A. Karundeng.

431.
Sadjarwo SH.

432.
Drs. Hardjantho Sumodisastro.

433.
Santoso Domosepoetro.

434.
Hadji Tengku Muhamad Saleh.
プルティ
435.
K.H. Rusli Abdul Wahid.

436.
Drs. Sumiskua.
ゴルカル
437.
Drs. Murtopo.

438.
Djamal Ali SH.

439.
Malikus Suparto SH.

440.
Utojo Usman SH.

441.
David Napitupulu.

442.
Cosmas Batubara.

443.
Jacob Tobing.

444.
Rachman Tobing.

445.
Drs. Jacob Oetomo.

446.
Hj. Lasmindar.

447.
Nj. Hardjopranoto.

448.
Suharno.

449.
Drs. Sugiarso.

450.
Sugiarto.

451.
Wartono.

452.
Eddiwan.

453.
Ir. C.M. Tampubolon.

454.
Dr. Median Sirait.

455.
Drs. O.J. Johay Simandjuntak.

456.
K.H. Kodratullah.

457.
Drs. Dahlan Nasution.

458.
Samlono.

459.
Sumarno.

460.
Widiapramata.

合計 460議員

国会議員
得票率に基づく付加分
任命議員
地方代表付加
合計
1. ゴルカル
261
79
52

392
2. 国軍
75

155

230
3. 統一開発派




126
 a. PSII
10
3


13
 b. NU
58
20


78
 c. パルムシ
24
8


32
 d. プルティ
2
1


3
4. 民主開発派




42
 a. カトリック党
3
1


4
 b. パルキンド
7
2


9
 c. ムルバ党

1


1
 d. PNI
20
7


27
 e. IPKI

1


1
5. 地方代表



130
130
合計
460
123
207
130
920

II 国民協議会(MPR)の構成

10月1日,国民協議会議員920名がスハルト大統領によって任命された。国民協議会は1945年憲法で国権の最高機関と定められており正副大統領の選出,国策の大綱の画定等を主たる任務とする機関であり,その構成は,全国会議員460名を含む,政党,職能グループ,国軍および地域を代表する議員から構成される。

III インドネシアの稲作政策(抄訳)

(BN誌 10月3日,5日,7日,10日,連載)

1. 稲作増産の制限

インドネシア人の食糧に米の占める割合は約60%である。米生産高は,1968年の国内総生産(GDP)の14%,農業生産の27%,食糧生産準部門の41%を占めている。しかし国内需要を満たすためにはなお輸入が必要である。5カ年計画実施以来3年間の生産目標は達成されたが,食糧援助による米の輸入は年平均60万トンで,1970年には95万トンあった。

独立以来のインドネシアの各政府の政策において,米増産には常に最優先度が与えられてきた。収穫量は1951年の620万トン(精米換算で)から1971年の1270万トンに倍増された。しかし1973年には生産が過剰となり,米価が下落して,農民に不利益となるという予想に政府は懸念している。この懸念に対処して,政府は米の生産目標を1540万トンから1480万トンに引下げた。

1971年の米の生産高は1961年に比べて450万トン多かった。しかし,インドネシアおよびジャワで年1人あたり平均2kgの増産にすぎず,この増産は消費量をわずかに増加させたにすぎない。外領では1人あたり2.5kgの増産である。1971年の1人あたりの米消費量は,輸入米を含めて約112kgであった。1961年には96kgにすぎない。1973年の生産目標1480万トンが達成されれば,年1人あたり消費量はgrossで約119kg, netで110kgになる。

第1表 炭水化物食料の1人当り生産(米を基準とする)*(1人/kg/年)

1961

1971

I インドネシア




  1. 米
85
56
107
67
  2. トウモロコシ
23
44
22
33
  3. いも類
42
31

150
100
160
100
 a. 外領




  1. 米
102
66
128
74
  2. トウモロコシ
17
34
17
26
  3. いも類
35
27

154
100
172
100
b ジャワ




  1. 米
76
51
95
62
  2. トウモロコシ
27
49
25
38
  3. いも類
46
32

149
100
152
100
(注) 1人あたり/kgは1961,1971年人口センサスを使用して算出。
(訳注) *この数字はそれぞれの食料のカロリー比較を基準にして,米の量に換算したものとおもわれる。単位重量あたりカロリーは以下のとおり。
米: トウモロコシ: いも=1: 1: 0.33
(出所) BPS-Produksi Bahan Makan Utama

ジャワにおける米生産量の割合は全国生産の55~56%である。人口の64%を占めるジャワの食糧構成に占める米の比重は,外領の食糧構成に米が占める比重の約75%にすぎない。(第1表参照)

2. 生産計画と農民

政府の生産計画実施において,すくなからず行過ぎがみられる。生産目標設定の意味するところは,農民への生産割当である。とくにビマス政策実施地域においては,収穫のリスクを農民自身が負担するやり方で行なわれる。田植季あるいは収穫季の失敗による損失は,2~3回の好収穫によってしか回復できないほど多額である。

稲作を行なう農家戸数は900万戸であり,そのうち稲作を主とするものは700万戸に達する。稲作に対する性向および目標は,自家需要を満足するためにではなく,市場指向的である。商業的生産の傾向が強まっており,とくに,ジャワおよび南スラウエシで強まっている。

インドネシアの農業は,いまだに伝統的であり生産力は低い。米やその他の食糧生産の増大は,1~2年のうちに人口増加に追いつかれてしまう。天候不順や病害による不作は食管会計に重大な赤字をもたらす。例えば,1963年にインドネシア全体で約100万トンあるいは11%(ジャワで14%,外領で7%)の米収穫の下落があったが,こうした場合には深刻な財政上の問題が生じる。

1955年以来の20年間は,周期的な不作に見舞われた。前回の不作年は1967年で,インドネシア全体で3%の収穫減であった。第2表は1954年以後の収穫を示す。

ビマスおよびインマスによるインテンシブな稲作プログラムは,稲作分野における政府の干渉および監督を意味する。直接的な監督によって,稲作強化地域の生産増が保証され,この増産によって国家目標の達成が期待される。

1972年度の生産目標を達成するためには,1971年度の生産量よりも110万トン多く生産されなければならない。5カ年計画最終年度の目標は,1972年の目標よりもさらに60万トン上回っている。5年計画の最後の2年間の目標を達成するために増産強化地域および直接監督地域の拡大と増産促進政策の強化が必要である。

ビマスあるいはインマスによる政府の直接的監督あるいは干渉の可能な最大面積は,1971年で280万ヘクタールであり,全国稲作面積820万ヘクタールの35%である。

5カ年計画の過去3年間は天候に恵まれ,1971年の60万トン増を最低に,年平均約70万トンの米の増産があった。残りの2年間の成果は政府の肩に重くかかっている。とくに,1973年の目標は大きなリスクに直面している。1973年は,2~3年あるいは7~9年に1度,周期的にやってくる天候不順の年にあたるからだ。前回の天候不順は1967年であった。第1図は1950年から1970年の間の米の収穫量の推移を示している。

3. 収穫量と物価

5カ年計画最終年度の生産目標が60万トン引下げられたことは,生産過剰によって米価が下落し,それが農民に損失を与えることか予想されるためである。この修正は,実は,農村のもみの最低価格についての政府決定の中に示されている。この決定は,消費を抑圧せずに,また農民所得を引下げない一定の水準に米価を維持することであるが,その政策は,実際には機能していなかった。なぜならば,その政府決定が実行されているかどうかを監視する行政機関がないからである。

第2表 稲作の減少(単位 1,000トン)

外領
ジャワ
インドネシア
生産


生産


生産


1954
3,014


4,817


7,831


1955
2,921
-93
3
4,583
-234
5
7,504
-327
4
1955
2,921








1956
2,845
-76
3
減少なし


減少なし


1960
3,711


5,056


8,767


1961
3,466
-245
7
4,802
-254
5
8,268
-499
6
1962
3,752


5,146


8,898


1963
3,500
-252
7
4,443
-703
14
7,943
-955
11
1963



4,443





1964
減少なし


4,375
-68
2
減少なし


1964
4,044








1965
3,902
-142
4
減少なし


減少なし


1966
4,136


5,203


9,339


1967
4,072
64
2
4,975
-228
4
9,047
-292
3
(出所) BPS-Produksi Bahan Makan Utama.
第1図 稲作生産の発展(1950-1971)

政府の関心は,もっぱら,小売米価が標準価格の水準に維持することに集中されていた。政府の米政は,農民所得の向上をもたらさない輸入・援助米に依存している。そればかりでなく,その政策は農村での米価を押し下げるものである。1972年3月3日の国会の第IVおよび第VIII委員会で,食糧庁長官によって,1970年の東部ジャワおよび西部ジャワの調査をもとに,農民が消費者米価の70~80%しか得ていないことが明らかにされている。農民は市場組織や金融機関をもたないので,市場で非常に弱い立場に置かれている。また米価の季節変動は,毎年農民に損失を与えているが,米政の転換あるいは改革はいまだに行なわれていない。第3,4表は,毎月の収穫量と価格変動の関係を示し,第5表は都市の米価変動への影響を示す。

第3表 ジャワにおける月別収穫面積と米価

平均収穫
1951/60
収穫
農村での米価
ルピア/kg

1,000ha
1970年
1971年
1
2.4
2.0
84
51.30
44.49
2
3.4
3.7
157
49.39
45.76
3
7.5
8.6
369
44.68
43.84
4
16.4
14.0
602
38.36
38.93
5
25.7
22.6
972
38.17
37.85
6
11.7
17.9
771
38.14
36.82
7
6.2
6.9
297
39.84
37.81
8
4.7
5.7
244
41.01
38.16
9
5.5
6.3
274
42.02
38.89
10
5.0
5.8
252
41.67
40.23
11
3.7
3.7
159
42.54
41.41
12
2.8
2.8
121
43.29
42.11
年平均

100
4,302
42.55
40.81
第4表 農村でのもみ価の動き(単位 Rp/キンタル)

西ジャワ
中ジャワ
東ジャワ
1970年
1971年
1970年
1971年
1970年
1971年
1
2,742
2,264
2,495
2,061
2,386
1,958
2
2,709
2,298
2,452
2,136
2,356
1,956
3
2,400
2,130
2,046
1,974
2,136
1,933
4
2,014
1,944
1,792
1,792
1,566
1,703
5
1,906
1,718
1,685
1,720
1,566
1,583
6
1,804
1,765
1,661
1,716
1,570
1,615
7
2,042
1,784
1,772
1,764
1,733
1,719
8
1,934
1,828
1,889
1,735
1,949
1,802
9
2,010
1,785
1,900
1,749
1,990
1,849
10
2,022
1,867
1,989
1,864
1,989
1,873
11
2,160
1,907
1,958
1,930
1,956
1,890
12
2,125
1,960
2,002
1,995
2,005
1,932
年平均
2,156
1,938
1,961
1,870
1,929
1,818
(出所) BPS-Luas panen dan produksi tanam2an rakyat berumur Pendek di Jawa dan Madura. Indikator Ekohomi.
第5表 ジャカルタ市場での米価

月別収穫率
B.II等級米
ルピア/キンタル
1970年
1970年
1971年
1
2.0
5,180
4,276
2
3.7
5,037
4,859
3
8.6
4,690
4,463
4
14.0
4,277
4,112
5
22.6
4,137
3,967
6
17.9
4,015
3,867
7
6.9
4,415
3,908
8
5.7
4,447
3,992
9
6.3
4,319
3,993
10
5.8
4,308
4,087
11
3.7
4,444
4,208
12
2.8
4,452
4,210
年平均

4,475
4,194
(出所) BPS-Indikator Ekonomi.

第3~5表によって,1971年の年平均および月ごとの平均米価が前年より下回っていることがわかる。しかし米価下落に反して,米以外の食料価格,生活必需品,農業生生産手段および農村の合法的あるいは非合法的義務的支出の指数は上昇している。こうした上昇は米の交換価値を引下げてしまい,この数年間に農民の失ったものは少なくない。

援助による輸入米の役割は大きい。国家公務員および国営企業社員に対する配給および一般市場への売却は年に約110万トンになる。うち,60%が援助による輸入米である。一定の価格を基にして,毎月継続的に公務員などに配給する米が3分の2を占めることは,時に応じて放出される米よりも有効に,政府の米政の手段として機能する。

援助米は政府を利している。1971年の援助米からの純政府収入は144億ルピアであった。しかし反対に,開発に必要な政府収入増加は,米の生産者である農民に損失を与えている。1971年に,ジャワでは1970年の生産量より35万トン多い720万トンの収穫があった。1971年のジャワ農村での米価は前年平均に比較して,1kgあたり1.75ルピア下落した。この下落によって,1971年の農家所得は前年に比較して127億ルピアの減収であった。援助米は政府にとってまた必要であるが,その援助はおそらく財政収入を増大させるだけのものとして評価されるであろう。

4. 食糧問題の地方分権化

5カ年計画で,米増産計画に最優先度が与えられたために,地方政府は,それぞれの地域で,中央で決定されたビマス/インマス制度を導入するとともに,米作拡大を推進した。村および郡の行政段階に至るまで,米の自給を達成するために努力を集中した。余剰米の他地域への持出しが禁止されたが,すでに得られた増産の結果,米政に否定的側面があらわれた。近接する各地方の間には食糧問題についての協力や調整が行なわれなかった。他の地方で,その自然条件に適合して使用されれば一層生産性を発揮したであろう労働力,農業機械,資金などが浪費された。このことは長期的な米の生産と供給制度が確立されていないことを示す。現在実施されている稲作政策は,将来の5カ年計画についてなんの展望も開いていない。

稲作行政の地方分権化の形式および基礎として,実際の米の生産性,人口,陸海の輸送力,商業取引関係あるいは経済関係にもとづいて検討された隣接する州のいくつかを統合した地域を(市場圏)設定できる。第6表は想定される米の市場圏の状況を示す。この表は,米の各市場圏内におけるその地域内の社会の米の消費を満足させる能力を有していることを示している。しかし西イリアン州だけは中央政府からの援助を必要とする。

第6表 米の統一市場地域圏
統一市場圏
人口(1,000人)
米の生産量(1,000トン)
1人/kg/年生産
1961年
1971年
1961年
1971年
1961年
1971年
1. アチェ 北スマトラ 南スマトラ 西スマトラ ジャムビ リアウ
10,892
14,072
1,344
2,275
123
154
2. 南スマトラ ベンクルー ランポン
4,847
6,740
558
776
115
115
3. 西カリマンタン
1,581
2,020
170
221
107
109
4. 南カリマンタン 中カリマンタン
1,969
2,399
234
345
119
142
5. スラウエシ マルク 東カリマンタン
8,419
10,357
661
1,100
78
115
6. バリ 西ヌサテンガラ 東ヌサテンガラ
5,537
6,617
488
710
88
107
7. 西イリアン
758
923
0.4
1.2
0.5
1.3
8. ジャワ
63,059
76,102
4,802
7,251
76
95
インドネシア全体
97,085
119,232
8,268
12,769
85
107
(出所) BPS-Produksi bahan makanan utama di Indonesia. Sensua Penduduk 1961 dan 1971.

ジャワにおいて望まれることは,5つの州が各個に,人口に見合う生産および供給を行なうことである。

将来の5年計画の実施段階で必要なことは農村改革,農業開発,国家開発計画の枠内での地域開発と結びついた食料問題あるいは稲作問題の展望である。農政の地方分権化はダイナミックな稲作と長期的な消費米供給の安定を一層保証するであろう。

IV 対日論調

ジャカルタ市で発行されている影響力ある全国紙のうち,主として『インドネシア・ラヤ』(Indonesia Rayaa),『コンパス』(Kompas)両紙を利用して対日論調(田中内閣への評価,日中国交正常化への反響を中心に)を紹介する。

1. 田中氏,日本国首相に選出される

〔インドネシア・ラヤ紙 1972年7月6日〕

田中角栄通商産業大臣は,さきの日本国総裁選挙の第2回投票で282票の多数を獲得し190票を獲得した福田外務大臣を引き離して自由民主党の総裁に就任し,自動的に佐藤栄作総理大臣の後をつぐことなった。

このようにして,田中は牛馬を扱う家畜商人の子供から,戦後最年少の総理大臣となったが,この総理大臣は,高等教育を修了していないのみならず,高級官僚から首相へというそれまでの日本の首相就任のコースとも別の道を辿ってこの地位を獲得したのであった。

対中接近

対外政策において田中が着手するであろうと予想されることは,先ず第一に中国との接近を図り,両国間の正常化を図るために直接会議を行なうということである。

田中は,日米,日ソの関係の緊密化も望んでおり,日本の戦力保持を禁止してある日本国憲法にのっとって外交政策を遂行するということもまた約束した。

発展途上諸国,ことにアジア諸国について,彼はこれら地域との協力関係を拡大するとともにこれら地域の政治的安定を図ると述べている。

田中はかつて大日本帝国軍人として,1939年満州での交戦に加わっている。もっとも彼は,その後健康を害して内地帰還となっているが。

25歳にならぬうちに田中はすでに自分の土木事務所を興しており,28歳で国会議員となり,ついには佐藤政府の背骨となったのである。

大衆的政治家

商業誌は今回,田中が選出されたことについて,それを,日本が直面していた経済問題を解決しえた,大衆的で若さに溢れた人物が選出されたのであるとみなしている。

彼らは,田中の第一の任務は,円の再切上げを阻止する措置をとることであると語っている。通産大臣として田中は本年の初めきわめて多くの日本の外貨準備を減少する計画に成功した。

田中が佐藤の後継者として勝利を収めたのは,田中の経済問題処理能力と,今年末か明年初めに予想されている総選挙で自由民主党を領導するその指導力が評価されたためであると推測される。

総裁選挙後に田中は記者団との会見で,中国との関係を正常化しまたソ連と平和条約を締結する時機がきていると主張していた。日米関係も,当然発展していくべきものであるとも,彼は述べていた。

工業再配置

内政について田中は工業の再配置計画を推進し,消費者価格の上昇をおさえ,住宅交通問題を解決し自然破壊をふせぐために,都市化現象の進展をおさえることを,公表している。

田中は本日の国会で任命されただちに第一次内閣の組閣にとりくむことになっている。

インドネシアは,好感をもって受けとめている

インドネシアは,田中通産大臣が日本国の首相に選ばれ,先月中旬に退陣を表明した佐藤総理の後任となることに対し,好感をもって受けとめている,と外務大臣アダム・マリクは昨日そう語った。

アダム・マリクは,戦後日本で最年少(54歳)の首相が選出されたことは,これまでに樹立された両国間の関係に影響を与えるものではないことを確信している。

"今日までに築かれた両国間の緊密な関係は,先日のスハルト大統領の訪日によりさらにその度合を増した"とマリクは語っている。

2カ月前のスハルト大統領の訪日に同行したマリクは,インドネシアは日本から,IGGI(インドネシア債権国会議)によるインドネシア石油開発事業援助資金のほかに,総額2億ドルの資金援助を受けること,そしてその見返りとして日本は,従来行なわれてきた石油輸入のほかに,向こう10年間にわたって,インドネシアの低硫黄原油を買い入れること,を述べている。

2. 田中氏,日本の新しい首相となる

(インドネシア・ラヤ紙 1972年7月7日)

自由民主党の新しい党首選出において,田中が勝つであろうという予想は,正しいことが証明された。

自由民主党内の有力グループは,中国市場への橋渡しをするバスに乗り遅れることを忍びないとする資本家グループに後おしされて,当初,福田支持を示していたグループをおさえつけた。

田中派からの圧力は,彼らを色あせたものとしてしまった。田中は,日中国交回復の道を開こうと欲している自由民主党内の指導者として知られている。一方福田は,日中間の関係改善に余り注意を払っていなかった。佐藤政府の政策と余りに近すぎるとみなされていた。

インドネシアと日本の関係にとって,田中首相の実現によって,日本の対インドネシア政策に変更が起こるのではないかと考える理由は何ひとつもない。

われわれは田中に対して,彼がインドネシアと日本の間により合理的な関係を育てるように,そして,その間に,これに同乗して仕事を企てる個人的人脈を用いるという通例を減らしていくように,祈りたい。

いうまでもなく,従来"インドネシア・ロビー"は機能していたし,それは東京で利益を得ていた。

(中略)われわれが希望するのは,日本においてであれまたジャカルタにおいてであれ,古い形を踏襲し人物だけ新しく代わっただけの,新しい"インドネシア・ロビー"を発生させてはいけないということである。

3. 日中国交回復の影響

(コンパス紙,1972年10月3日)

日中関係の正常化に伴い,台湾は明らかに好ましからざる影響を受ける。このことは,すでに長いこと予想されていたことであったが,いまやそれが現実となったのである。そして,それは台湾にとって当然,にがい事態である。

当然のことながら,日本の立場はアメリカのそれとは異なっている。米中関係の正常化は,現在のところ,両国の外交関係を樹立する段階にまでは達してはいない。一方また,米中関係の正常化は,現在ただちに,アメリカをして台湾から離れせしめることにはなっていない。事態がこれからどのように進展していくのか,それは興味を惹く問題である。

みたところ,中国との関係正常化をより望んでいたのは日本側であったように思われる。しかしほんとうは,中国もまたできる限り早く関係の正常化を望んでいたのである。米中接近は,事態の平穏化をうみだした。それとともに,中国はソ連と対決するために,より広い行動半径を獲得したのである。

冷たい戦争の緩和は,中国がより急速に発展するために必要であった。"文化大革命"を通して流動化を促すとともに,そのことによって自力発展を目指すというやり方は,すでに終了した。そしてその成果は満足すべきものではなかった。

マルクス=レーニン主義とは,先ずもって,経済社会の発展に基礎をおく原理である。そのことに優先権が与えられる。それを優先するために,人間社会の諸他の欲求は,無視され,抑圧されさえする。

この教義の有効性は,何よりも経済生活の改善が成功するか否かによって,計られるものである。おそらく,このような衝動が,中国をして自らの門戸を開放せしめたことの,その1つの要因なのであろう。

かくして,今後10数年間は地域戦争は勃発しないであろうという仮説の正しさが証明されるのである。

より積極的にいえば次のように定式化することができる。現代は,経済,教育,技術の面でその遅れをとり戻そうとしている諸民族のための時代である,と。ますます激化していくことになる競争とは,発展競争である。その競争に遅れをとる国家は,それがいかなる国家であれ,絶えざる危機に見舞われることになる。その危機の根源は外からやってくるのではなく,何よりも先ず内部から発生するのである。

われわれは,いちはやくこのような時代への先べんをつけることができた。われわれは開発計画にすでに着手した。当面の問題は,いかにしてこの発展の道程を早めるかという点にある。

最近の世界銀行の報告書をみてみよう。そこでは,わが国の経済発展が認められている。しかしまた,その発展がより急速に進展しうるべきものであるということも,そこでは述べられている。

発展速度を早めるためのいくつかの措置はすでにとられた。その中には,施設の整序化も含まれている。われわれは,発展方法において台湾や南朝鮮と大差ない方法を選び取っている。それら2国では,なにゆえ発展速度が比較的早いのであろうか。

さまざまな理由がそれにはあろう。その中には,行政機構の効率化と潔白性の問題がある。"清潔で効率的な政府",これは,いつも留意しておくべき問題である。

4. 日本が中国を潜在的な市場であると考えているならば,それは幻想である

(コンパス紙,1972年10月3日)

日本と中華人民共和国〔以下中国と略記〕との国交回復は,日本製品が尨大な市場を獲得したという点で日本に利益をもたらすことにはならない,とLEKNAS(国立経済社会研究所)の一経済学者は語っている。

レクナスの研究員であるテー・キァン・ウィ(Thee Kian Wie)博士は次のように述べている。"日本が中国を潜在的な市場であると考えているならば,それは幻想である。"

昨月曜日の本誌記者との会談の席上,博士は,中国政府はいずれ日本製品の輸入品目を決定することになるであろうと,以下のようにその詳細を語った。

外国との関係を極度に制限している中国の社会政治的制度にかんがみ,日本が,ホンダの車,テレビその他の消費財を,中国市場に向けて放出するということは,期待できない。中国民衆の性格は,消費的ではあらず,また,彼らの生活様式はきわめて"強固・硬直"であり,それは,日本の消費財が中国へ流入するのを妨げる要素となっている。

あたう限り,必需品を自給しようとする中国の"アウタルキー"的経済政策からして,中国はやがて,中国への流入製品の品目を決定することになるだろう。テー博士は以上のように語っている。

中国にとって,日本との国交回復は,タービン,発電機,コンピューター,一貫工場,航空機,船舶,核反応器,化学工場,近代的車両等の,近代的技術及び"技術集約製品"が流入することを意味している。

これらすべての製品は,比較的短期間の内に中国が近代技術水準を担うことができるようにするための教材である。ロシアとの関係が途絶して以来,中国はいうまでもなく近代技術を獲得するための方途を求めてきた。そして日本は,中国の隣人としてそれらすべてを賦与することができるのである。

ロシアと中国の関係から生ずる利益は,軍事面から得られる知識及び宇宙技術の知識であった。

アメリカ合衆国との場合と同様に,当然にも中国は,外国貿易にのみ自らの運命をゆだねることはない。中国は自国産業に必要とされる自然資源を輸出したいとは思わないし,それをできる限り制限しようとしている。テー博士によれば,このことは,世界貿易全体に占める中国の貿易量がわずか3%(原文のママ)にすぎないという点に示されており,一方アメリカも,5%(原文のママ)にすぎない。

西欧諸国と日本は,これとは逆に,高い貿易量を示している。なぜならばこれら諸国はその多くが,製品製造のための原料輸入と世界市場への製品輸出とに依存しているからである。

日本にとって何を意味するか

日本自身にとってみれば,中国との国交回復は,工業用の原料供給源の増大を保証するものとなる。長期にわたって日本は原料供給が保証されることになる。というのは日本は単一の供給源にのみ依存することを望まないからである。

このことは,日本が"バーゲニング・パワー"すなわち,必要資源を外国から得る場合の価格決定能力を獲得したということを意味するものである,とテー博士は理解している。"なぜならば,もし1つの供給源が封鎖されても,別の供給源があり,そしてその場合に,日本に向けての価格を決定する立場は,日本にとってきわめて裨益するものとなるからである。1970年をとってみただけでも,日本は自国産業の必要のために,世界の全輸入量の12%を輸入しており,そしてこの数値は,1980年には30%に達するであろうとみられている。"

日中国交回復はインドネシアをはじめとする東南アジア諸国にとってどのような意味があるか。

現在発展途上の段階にある東南アジア諸国は,その原料の大部分を,とりわけ日本に向けて輸出している。日中復交により発展途上国の"バーゲニング・パワー"は弱まったものとはいえ,それにもかかわらず,テー博士によれば,"日本は,その全輸出を中国に依存するという危険を冒すことはないであろう。"

原油,鉄鉱石,(もしあるならば)石炭といったインドネシアの輸出品は,中国でも輸出されるものであり,インドネシアはその点で"影響を受けることはあろう。しかし,それについてわれわれが心配する必要はないのである"。

5. 日中接近についての諸見解

(コンパス紙,1972年10月9日)

――○―○―○――

リー・テク・チェン博士は言う。"双方とも当面は,大きな動きをなしえない"と。

A.スバルジョ法学士は言う。"インドネシアにとっての鞭である"と。

スジャルオ・チョンドロヌゴロ法学士は言う。"利益の一致点を求めよ"と。

――○―○―○――

極東問題専門家のリー・テク・チェン博士は,日中接近が行なわれても,当面両国間で密接な共同行動がとられるのを妨げている2つの要因がみいだされるという見解をとっている。第一の要因は,他の大国(米国とソ連)が,必ずそれに反対するであろうということであり,第二の要因は,日本がただ二流の役割のみを演ずることは,想像しがたいということである。なぜならば,最近の日本はすでに一級の強国となり,中国よりははるかに進歩しているからである。

"紀元2000年迄に,中国はいくらかの遅れを取り戻すとはいえ,なお日本の工業力には明らかに立ちうちできない",と私は考えている。これはソ連についても同様にいえることであって,特定の部門では他に抜きんでるにしても,なお全体としてアメリカに太刀うちすることはできない。土曜日(10月7日)の『コンパス』紙上でLIPI(インドネシア学術会議)の民族文化研究所長であるリー博士はそう述べている。

しかし,すでに本紙で明らかにしたように(『コンパス』8月8日号),リー博士は,日中接近が東京を現代の勢力均衡において理想的な地位におしあげた,すなわち,バーゲニング・パワーが,他国に対して一段と強化されたという意味で,東京の地位を理想的ならしめたということを認めている。その強化はたんに米国やソ連に対してばかりでなく,東南アジア諸国に対してもあてはまることである。中国にとってこの接近は,中国の"バーゲニング・パワー"を高めるほかに,日本をかつてアメリカによってつくられたような鉄の包囲網としてみなす必要がないということを意味している。

これに関連してリー博士は,中日の円がますます強くなっていくのに対処するために,東南アジア諸国は以下の原則に基づいて,他の諸国とより広範な友好関係を開いていかなければならないと提起している。その原則とは,国家とは本当は,一定のまたは恒久の利害を有しているにすぎず,恒久的な友好や敵対を保持しているものではないという原則である。

スジャトモコ博士及びサジディマン少将とともに,リー博士はカナダのモントリオールで行なわれた「国際戦略研究会議」に出席したばかりのところである。リー博士はそれについて会議の焦点は極東問題とりわけ中国内外の進展と日本の安全保障機構とニクソンドクトリンに絞られたということを明らかにしている。

スジャトモコ博士は,「中国の対外政策,その展望と限界」という題で講演を行ない,またリー博士は「中国の出現,その内的ダイナミックス」と題するオーストラリアのC.P.フィッツゲラルド(Fitzgerald)教授の見解に反論を加えている。しかし遺憾ながら,セミナーは非公開であって,その成果は公表されてはいない。

インドネシアにとっては鞭である

一方,元共和国初代外務大臣のA.スバルジョ・ジョヨアディスルヨ教授(76歳)は,中日の接近は両国ともに,特定の目的をもったものであるという見解を示している。中国にとってその接近は,"detente"を達成するため,つまり,従来米国及びソ連によって作られてきた鉄の包囲網を開放するためのものであった。現在までのところ少しではあるがそれは開放された。他の目標は,日本の技術進歩を模倣するという利益をめざすものであった。一方日本の目的は直接的に経済的なものであった。それは,生産物の市場を拡大することであった。しかし,ある時期になれば,中国民衆の必需品を中国自身が生産するようになるということは,考えうることである。

そしてそれゆえに,日本はより先の目標を設定しているのである。それはすなわち,満州とシベリア方面へ向けての経済活動を開くということである。日本はかつてその地域での経験を有している。そしていまなお,その地域の石油資源を開発するために中国及びソ連と共同行動をとることを望んでいる。この点では日本はまた政治的な利益をも獲得したのである。すなわちそれは,中国と米国と利害を競うということである。

スバルジョ法学士によれば,中日の接近はきわめて自然なことである。彼は孫逸仙の「中国と日本とは友として自然なのであり,敵であることは不自然なのである」という言葉あるいは,別言すれば,もし両国の間に敵対関係が生ずれば,それは,自然発生的なものではなくて"作為的なものである"という言葉を引用している。

インドネシアないしその他の東南アジア諸国にとって,日中接近は脅迫として映じうるということを彼は強調している。"しかし,より重要なことはわれわれ自身にかかっていることである。考えられうるどのような事態に直面しても,われわれは奮闘努力しなければならない。楽しみだけを追い求めるのは移り気というものである。われわれには,十分の人的資源,知識人,自然資源がある。そしてわれわれのおかれている位置を想起するならば,当然空軍,海軍も開発されなければならない。約言すれば,中日接近はわれわれを鞭打つものとなりうるのだ。"以上が,元外務大臣で民族指導者であった者の言である。

利害の一致点を求めよ

インドネシア共和国の著名な外交官であるスジャルオ・チョンドロヌゴロは,『コンパス』紙に対して,かつて敵対しいまは友好関係を樹立している強国があるならば,その周辺地域にとって利益となるものを,手に入れなければならないというふうに主張している。中日接近の問題において,われわれは,経済分野と政治分野とを問わず,われわれの利益に合致する点を追求しなければならないと彼は強調している。そのためには,調査研究が必要となる。おのおのの国家は,それぞれ別の政策なりイデオロギーなりを保持しているということに,われわれはもっと慣れ親しんでおかなければならない。問題はその別々の政策の中に,既存のルールないし規則性が作用しているかどうかということである。そしてそのルールこそ,応用し適用されるべきものなのであると,このようにスジャルオ・チョンドロヌゴロは語っている。

6. ジャカルタ=北京の関係の発展

(コンパス紙,1972年10月10日)

中日関係の正常化は,われわれと中国との関係如何について,再度問題を提起している。

状況は今や明らかである。インドネシア=中国の関係は,なお存在している。ただ現在それが凍結状態にあるのである。インドネシアは依然として1つの中国政策を堅持している。

インドネシア=中国関係の凍結は,中国がPKI(インドネシア共産党)の「9.30事件」に介入したからである。中国はまた,ラジオ放送などを通じてのやり方などに明らかに示されるように,わが国への敵視を続けている。これ以外の理由がある。そしてこの理由はより本質的なものである。われわれが懸念しているのは,ジャカルタ=北京関係の進展により,それがこの地の地下運動を代行するものとなり,また,中国志向の人間を強化することになるのではないかということである。150万の人間は,現在なお外国籍であるかまたは無国籍である。

アダム・マリク外相によれば,最近の北京放送は,インドネシア攻撃を控えてきているという。中国放送の代表が,PBB(国際連合)の,インドネシア放送設立記念のレセプションに出席したという記事も,目に触れるようになった。インドネシアの代表もまた,10月1日の中国代表団のレセプションに参加している。

8月16日の演説で,スハルト大統領は,インドネシア政府の立場を繰り返し述べた。われわれは,敵意が消滅しさえすれば,中国との関係を復活する用意がある。障害はわれわれの側にあるのではなく,向こう側にあるのである。

上述の進展からして,われわれの確信しうることは,状態は悪化の方向を辿ってはおらず好転している,そして最終的には,ジャカルタ=北京関係は復活するということでありそれを予想するのは困難ではない。

インドネシアはその外交政策においてきわめて現実主義的である。23年間にわたって中国の存在を無視してきた陣営も最後にはその立場を変え,中国の国連加入を認めた。

われわれは,防衛と領土尊重,国家主権を大国が認めるという基礎に立つ,東南アジア中立構想を支持している。われわれは,その中立の領域をうみ出したいと考えている。なぜならばそのようなわれわれの態度は,大国に対してこの構想を尊重するように期待するものだからである。従ってわれわれは中国を含む大国との共同行動を必要としているのである。そしてこれらすべては,われわれが中国と関係をもった時点でより円滑に行なわれることになるだろう。

中国の態度如何ということのほかに,ジャカルタ=北京の正常化は,国内状況によって決定されるものである。正常化の時期の早さは,この条件により強く依存するものである。

この国内事情の中には安全にかかわるもの,ことにPKIの地下運動との関係がある。また,経済の調和的発展,ことにインドネシア国籍所有者と非インドネシア人の調和的発展に成功するか否かという問題がある。また一部分は,政府官吏と非インドネシア人の関係をどのように規定するかということにも依存している。つまりは,相互にからみ合った問題なのである。

一方また,オーストラリアも次の総選挙においてあのカンガルーの国で誰が勝利をおさめるのかにはかかわりなく,やがて北京と国交を開くことであろう。

国際政治の進展が,さまざまな国の対中国交樹立の動きを早めているのである。われわれは,われわれ自身の時機を選ぶべく努力を続けている。そうではあっても,現在の進展の早さについて,われわれは考慮しておく必要がある。

少なくとも,すべてこれらは,わが国の国内状況の進展を早めるための触発剤である。なぜならば,最終的に決定力をもつのは,国内の状況と国内状況についての判断だからである。

ジャカルタ=北京関係のこのケースは,かつてヘンリー・キッシンジャー博士が述べたことがきわめて適合するように思われる。すなわち,一国の外交政策は,その国の権力構造と社会構造によって決定されるのである。

7. 大国としての日本

(コンパス紙,1972年10月12日)

向こう5年間の日本の防衛予算は,過去5年間の総額予算から100%上昇する。予算は,2兆3400億円から4兆6300億円に上昇する。

このニュースはあらゆる所でただちに反応をひきおこした。これは,過去の日本の軍国主義の頂点ではないのか。われわれはいかに考えるべきか。

日本は,経済力と技術力で世界第三位の地位を占めている。一方,日本はたんに経済大国だけになるようにと期待されている。

この期待は現実的ではない。国家というものは,むかしも今もひとつの統一体である。国家の強さの諸要素は相互に影響し合う。その強さが経済と技術分野に存する場合はなおいっそうそうである。

日本はいまなお米国からの圧力を受けている。しかし米国と日本の地位はすでに変化した。それゆえその強制もまた変化する。

日本は自らの領域と地位とを開発した。ニクソンドクトリンはそれに拍車をかけた。

この観点からみると,日中正常化はたんに外交関係の復活をいみするだけではない。その正常化はまた大国としての日本の姿勢が開発されたことをも意味している。

いまや日本は,米国,ソ連,中国と正常な関係をもつに至った。中国との関係の正常化は,日本の対米,対ソの立場を強化した。

それとともに,国際政治で日本が果たす役割はますます重要になってきた。そして今の日本の経済力ですら,国際政治で日本が果たす役割がますます大きくなってきたという事実を支えるのには十分ではない。

それどころか,中国との国交正常化は,緊張を緩和するものであるが,それとともにその正常な関係にヒビが入るという可能性に対する準備を日本に対して行なわせるものである。

少なくとも,経済力とならんで政治力は,中国との関係の正常化を支えるために必要とされるのである。

日本は重要な国としての地位をますます強化しつつある。その第一はもちろん経済的地位である。しかしその地位の重要さは日本をして日本の軍事面を含む諸方面を完全ならしめることを義務づける。

別言すれば,日本の軍事力がますます強化されるということは,経済強国として出発した日本がその役割をますます強化していくということの論理的な結果である。

さらに別言すれば,日本の軍事力強化は客観的なことである。そして問題とされなければならないことは,その客観的な事態が主観的目的を達するために利用されてしまうという現実的な可能性が存するか否かということである。

日本の軍事力の増強が日本をしてやがて軍国主義的政策を採る国家にしてしまうという現実的な可能性はあるだろうか。

われわれが目にしうる限り,その可能性はきわめて少ない。ある一国が軍国主義的になるか否かを決定するのは,その軍事力の強さではなく,その強固な軍事力を支えている社会経済的権力と構造である。

ときにしばしば極端な事件を発生させるとはいえ,日本の権力構造は現在民主主義である。そしてその民主主義制度はみたところ十分発展し根付いており,その結果,民主主義は十分に機能しているとみられている。

政党政治は十分に機能しており,その他の民主主義的機関もそれぞれ機能している。

日本は経済発展のための原料資源を外国に依存している。しかし世界の状況は変化している。経済協力事業はなお多くの欠陥があるとはいえ,より確固とした核を形成している。

世界とアジアの力の推移は,やはり日本の軍国主義の出現の可能性を抑えている。

政治的にみればわれわれにとって強国日本は弱体国日本よりも望ましいであろう。

われわれが日本と密接な交流を図ることはいうまでもなく必要なことである。

しかし,われわれは極端な行動に走る日本人の能力が時として暗い記憶をよびおこすことについて,はっきりと留意しておかなければならない。

8. 日本,北京の東京接近の背景を説明する

(コンパス紙,1972年10月12日)

北京が日本との外交関係の正常化への道を急いだ理由の1つは,中国との国境地域におけるソ連の軍事的脅威である,と一日本人軍事顧問官は語っている。元海軍少将星野善三郎は現在自衛隊の幹部であるが,ワシントンでのある会見の席上で,周恩来首相は新しい日本の首相に田中角栄が選出されたことは,両国間の外交問題を論議する上で"好都合である"と考えている,何故ならば中国国境線上にソ連の軍事的脅威が存在しているからであると語った。

現在政権の座にある自由民主党の顧問である星野は,先週米国防省の高官及びアメリカ国務省高官ならびに米陸軍の高官と会見し,米日安全保障協定は日本が例え北京を唯一の中国の正統政府として北京を承認したとしても,いささかも弱体化するものではないと確約した。星野は日中国交正常化がこのように早く行なわれたことによって,アジアのいくつかの国々で発生したと同様な誤解や不信が米国においても発生するのではないかという彼の懸念を明らかにした。そして星野自身も,公式使節ではなく個人の資格でワシントンを訪問したものである。

その背景

アメリカに確約を与える活動の中で,星野はその背景を説明した。正常化の前に政府が行なったある世論調査では,日本の民衆の73%が,台湾との関係を途絶しないようにという意見をもっていた。また,北京との関係の正常化を図る自民党内の一委員会は,正常化が実現した際に,日本はゆっくりと政策転換をすべきでありまた台湾との関係を途絶してはならないということを決定した。

星野は述べている。"日本の世論によれば,日本は,蔣介石総統に恩義を受けている。何故ならば,太平洋戦争の末期に中国(台湾)は,日本に天皇制を維持するように力を添えてくれたからである。蔣介石は当時日本上陸のための軍隊を派遣することを拒絶した。そして終戦時には,彼は200万人以上の日本人を彼らの郷里へ送還した。彼は報復を行なわなかった。

星野は,田中首相が北京訪問以前にニクソン大統領とハワイで会見し,台湾との関係は依然として重視していくことを確約した,ということを指摘した。彼らは,この正常化が台湾との友好的関係を思いおこさせるものであり,緊張を生み出すものではないという点で意見の一致をみた。

ニクソンが北京を訪問した後の,日本の空気は,星野によれば,新聞の熱心な報道の結果"中国一色"になっているという。日本のすべての新聞論説員たちは,台湾との関係を途絶しないようにと勧告している。しかし,田中が反対政党,左翼陣営及び自民党自身からのそれへの反対を抑えつけるのは困難であるという。

中国承認

星野の語ったところによれば,中日会談が進行中の時に,北京への特使小坂善太郎は夜半周恩来首相に呼ばれたという。そして周恩来は机をたたきながら,日本は台湾との関係を断絶しないと記してある台北の新聞を指し示し,田中が,中国承認を含む北京によって提示された三条件を受け入れるように迫ったという。この事態は,準備使節の小坂を窮地に追いこんだ。そこで小坂は,東京に向けて最後の決定は田中首相自身が行なわなければならないと通達した。

ワシントン滞在中,星野は米陸海空軍との協定成立のための準備を行なった。米国を訪れる前に,彼は韓国の退役軍人との協定の下準備を終えていた。星野は火曜日にボストンへ向けて発ち,そこから帰国の途に着く。

9. インドネシアは日中関係の正常化を歓迎する―大統領,愛知揆一氏と会見―

(コンパス紙,1972年10月17日)

・日本は援助を減少しない。

・大統領,田中首相へ招待状を出す。

・覇権を握ることには反対する。

スハルト大統領は,昨日月曜日,日本=中国間の関係正常化を"歓迎する"と述べた。大統領は,その両国間の関係が世界平和,ことに東南アジア地域の平和に裨益するものとなることを期待している。

大統領は,それを,日本政府の特使愛知揆一とムルデカ宮殿で会見した席上で述べた。愛知の訪問は,中国との関係の正常化をめぐって説明を与え,田中角栄首相のスハルト大統領宛親書を手渡すために行なわれたものである。

忘却することは容易ではない

スハルト大統領と愛知揆一との会見は70分にわたって行なわれた。内閣秘書官スハルモノはこの会談の終了後,記者会見を行ない,大統領はインドネシアと中国との関係の経緯を明らかにしたと述べた。インドネシアは,当時のジャカルタ北京枢軸に従って,中国と緊密な関係をもっていたと,大統領は述べた。

しかしながら,その良好な時に,"北京の支持を受けた国内の一勢力がクーデタをひきおこした。"

"この経験は,容易に忘れられるものではなく,インドネシアにとって教材となっている"と大統領は述べた。インドネシア=中国の関係正常化の時機は,いまなお定かではない。スハルモノによれば,"われわれは,片手だけで手を打つことはできないのである"。

日本とインドネシアの関係は弛緩しない

日中関係が正常化されたとはいえ,インドネシアをはじめとする東南アジア諸国と日本との関係は変化しないであろう。"日本のインドネシア向け経済援助が減少することはない"と,シンガポールへ向けて出発する直前に記者団との会見の席上で,愛知揆一はそう語った。愛知はまた,日中関係の正常化の結果,日本と東南アジア諸国との友好関係やその他の協力関係が,"減少することは,いささかもない"と語った。

田中首相はインドネシアへ招待される

その会見で,愛知はまた,スハルト大統領がムルデカ宮殿での会談の席上,田中首相をインドネシアへ招待する旨の親書を手渡したことを明らかにした。両国首脳が多忙なために,訪問の時期はまだ決まっていない。

"インドネシアの国内問題"

愛知によれば,このインドネシア共和国元首との会談において,インドネシア=中国間の関係を正常化するための日本の役割については触れられることはなかったという。"この問題はインドネシアの国内問題である"。彼はまた,インドネシアの特使が,日本にこの問題の仲介を依頼するために来日するということをつけ加えた。

アジア=太平洋地域で覇権を求めない

日本大使館における新聞記者との会見で,愛知は,日本=中国間の国交正常化はいずれかの第三国を考慮してのものではまったくないことを強調した。のみならず,両国はアジア=太平洋地域での覇権を求めない点で一致をみた。さらにまた,両国は,いずれか一国ないし集団が,この地域での経済的軍事的覇権を求めることには反対である,という。

防衛問題についての防衛強化に関する日本の意図は,愛知によれば,"すでに老朽化した"といわれている軍事施設,武器を取り換える以外のいかなる目的をも有しないものであるという。航空器,船舶などの軍備増強は行なわれない。また核戦力の開発や日本軍の海外派兵も行なわれない。

愛知は,この防衛力増強により日本は18万の軍人保有が可能であることを認めている。

この数字は従来みたされたことがなく,いまようやく補充されようとしているころであるという。

日本のおもわく

愛知揆一は,ニクソンの中国訪問と米中関係の正常化が,日中国交正常化のひとつの理由であることを認めている。それ以外の理由は,中国の国連加入であり,さらに,中国を承認する国家が年々増加し,一方また,中国国内の安定が文化革命以後より確かなものとなったことなどである。

日台の経済関係は存続する

愛知は,この日中間の正常化の結果,日本と台湾の外交関係は途絶したことを認めている。しかしながら,貿易通商関係は存続され,おそらく,近い将来その関係はより良好なものになることが予想されると,愛知は述べている。