ギャラリー

貴重資料の公開にあたって

アジア経済研究所図書館では「旧植民地関係資料」として、台湾総督府、朝鮮総督府、旧満州国、南満洲鉄道株式会社(以下、満鉄と略)、南洋庁、樺太庁、およびその関係機関の刊行物約3000点を閉架書架に別置しています。これらの資料は、戦前から多数の資料を収集していた旧帝大、あるいは旧高商系大学等の図書館とは異なり、「旧植民地関係機関刊行物総合目録」編纂事業の一環として1960年以降に古書店から購入するか、寄贈によって入手したものです。

特に、満鉄資料の多くは、財団法人満鉄会 から数回に分けてご恵贈いただきました。ここで改めて御礼申し上げます。満鉄会は満鉄の元職員およびその家族等の援護厚生を図ることを目的とした財団法人で、散逸した満鉄刊行物の再収集にも努力されました。これらの資料のなかには、最後の満鉄総裁であり満鉄会の初代理事長であった山崎元幹氏(1889年-1971年)をはじめ、満鉄関係者が保有していた当時のアルバムや絵葉書、旧満州の景勝地を案内する観光パンフレットなど、当時の活況を伝える貴重な資料が数多く含まれています。他方、満州事変直後の鉄道被害状況を報告した極秘資料(「満州事変ニ於ケル鄭通線被害実景」)や、ロシア情勢を分析した内部資料なども多く、当時の緊迫した状況を窺い知ることができます。

ギャラリー概要

  1. 観光パンフレット
  2. 英語パンフレット
  3. 産業・企業案内
  4. 地図・写真集
  5. その他フォトギャラリー