当サイトでは、アジア経済研究所図書館が所蔵する「近現代アジアのなかの日本」関連の資料群を紹介しています。南満洲鉄道株式会社関連資料の画像をはじめ、一部の資料群はウェブ上で閲覧する事ができます。

お知らせ

  1. 山﨑元幹文書の文書目録と電子化画像を公開しました。2021年2月9日

資料群リスト

原本あり(一部複製のみ) ウェブ上で閲覧可 複製の所蔵あり

山﨑元幹文書 満洲事変に満鉄がどう関与し、どのような役割を担ったのか。これまでの史料的な空白を埋める第一級の史料を紹介。
戦前・戦中期日本関係機関
資料
戦前・戦中期において日本の関係機関がアジア各国で刊行した刊行物のうち本図書館所蔵資料の一部についてデジタル化し公開。
南満洲鉄道株式会社「規定
類纂」
南満洲鉄道株式会社「規定類纂」は、業務の運営上必要な規定を各種類別に収めた加除式資料。全文約8千ページを公開。
岸幸一コレクション インドネシア研究者である岸幸一氏が収集した海軍関係資料、昭和研究会資料、南方軍政関係資料等から構成されるデジタルアーカイブ。
張公権文書 張公権氏が東北行営経済委員会主任委員として1945年9月の就任から1947年3月までの1年半に入手した関係書類の一部を紹介。
後藤新平文書(マイクロ
コレクション)
全40リールのうち後藤新平(1857-1929)が初代満鉄総裁 (1906.8-1908.7)時代の文書は、4リール。満鉄の創設準備に関する文書類、関東都督との往復文書、経営根本方針草稿などを含む。
八田嘉明文書(マイクロ
コレクション)
満鉄関係では、満洲事変後の副総裁時代の文書類が約3分の1を占める。満洲国の統制経済化に伴う満鉄改組問題に関する多数のメモが含まれる。
村上義一文書(マイクロ
コレクション)
村上義一(1885-1974)が満鉄の理事在任中(1930.7-1934.7)に職務上入手した文書類 。満鉄関係以外に、関東軍特務部、経済調査会関係記録から閣議決定記録に至るまで資料は多岐にわたる。