繊維産業

この研究テーマの論文一覧を見る

 明治期以降の日本の経済発展において、繊維産業の果たした役割は大きい。近代工業の基礎となる機械・原料・技術の輸入は、生糸および綿糸布の輸出により可能であったといってよい。

 絹業も綿業も、日本の在来産業であったが、明治期以降、その発展形態は大きく異なる。絹業の養蚕―製糸―織物という生産過程、綿業の棉作―紡績―織物という生産過程に即して、その相違を見てみよう。

 絹業では、養蚕・蚕種の技術改良が進められ、繭は従来通り国内原料が用いられたが、製糸過程には洋式技術が導入され、在来技術の改良がはかられた。これが全国的に普及することで、輸出用生糸の産出が可能になった。

 これに対し、明治の初期より海外から大量に流入した綿糸布は、在来の綿業を壊滅させた。このため、政府は原料の棉花と紡績機械を外国から輸入し、日本に移植型の綿工業を確立することを急いだ。

 しかし、政府の近代的綿紡績機導入の努力は実を結ばず、結局、民間の大阪紡績会社がイギリスから機械を導入し、1883年に操業開始した大規模工場において初めて経営が安定したのである。この結果、同種の民間工場が続出し、1897年には綿糸輸出額が輸入額を超えるまでに至った。

 絹織物では、明治初期より、木製の伝統的織機に海外のバッタン技術を取り入れた改良機が用いられたが、1880年代から、力織機への改良が国内の技術者によって行われ、1920年頃までには各地に普及した。

 国内消費用の小幅綿織物を織る織機については、絹織物織機と同様の発展がみられた。一方、輸出用広幅綿布は当初より広幅鉄製織機を輸入して生産されてきた。しかし、小幅織機の力織機化に成功した豊田佐吉が、広幅鉄製自動織機を1926年に完成させ、さらに紡績機の国産化もはかったことにより、繊維機械の輸入は激減し、国産機の輸出が増大していったのである。