女子労働

論文一覧に戻る
女子労働

技術革新と女子労働

論文タイトル: 技術革新と女子労働
著者名: 中村 政則 編
出版社: 国際連合大学
出版年: 1985年
本論文の目次を見る本ページのPDF版を見る

技術革新と女子労働

明治以降の工業化の過程において女子労働力は重要な位置を占めている。戦前期における苛酷な労働条件を経て、戦後、高度経済成長がひきおこした産業構造の変化によって、女子労働のあり方と女性のライフサイクルは根本的な変化を経験しつつある。本書は、技術革新は女子労働にいかなる変容をもたらしたか、という斬新な視角から、日本の女子労働の過去と現在を分析する。

国際連合大学[発行]東京大学出版会[発売]
HSDB-29J/UNUP-554

林 武 総編集=
国連大学プロジェクト[日本の経験]シリーズ

技術革新と女子労働

中村政則 編

国際連合大学[発行]
東京大学出版会[発売]

執筆者紹介 [執筆順]
中村政則 (なかむら まさのり) 一橋大学経済学部教授
西成田豊 (にしなり たゆたか) 一橋大学経済学部助教授
コラード・モルテニ(Corrado Molteni)一橋大学院博士課程
三宅明正 (みあけ あきまさ)千葉大学文学部助手
加瀬和俊(かせ かずとし) 東京水産大学講師
塩田咲子(しおだ さきこ) 高崎経済大学助教授

 1985年12月20日初版
 定価 3400円
 [検印廃止]
総編集 林 武(「日本の経験」プロジェクト・コーディネーター)
編者 中村政則
発行所 国際連合大学
〒150 東京都渋谷区渋谷2丁目15番1号
発売所 財団法人東京大学出版会
 〒113 東京都文京区本郷7-3-1東大構内
 電話(811)8814・振替東京6‐59964
 印刷所 研究社印刷株式会杜
 製本所 誠製本所

 ISBN4‐13‐051068‐1 51689

 国際連合大学